【視察研修参加者募集開始】オーストリア林業機械実演会Austrofoma2019&オーストリア森林林業木材産業関連視察研修


アイキャッチ用画像

 

今年は4年に1度のオーストリア林業機械実演会Austrofoma2019 がハンガリーとの国境近くのフォルシュタンスタイン城の周囲の森林で10月8日㈫~10日㈭まで開催されます。オーストリア林業機械実演会Austrofomaはその時々の最新の機械、器具、用品が広大な森林内に展示されます。特に機械は森林内で実際に動く姿を目にすることが出来る機会です。100年近い巨木が運び出され、造材される光景はそれだけでも見応え有りです。

 

少人数で、兼業で、家族で作業を行う人達向けの小型で値段もリーズナブルな機械や器具も実演しています。「大がかりなことをしなくても、大金をかけなくても、この器具を使えば出来るのか。」と自分の仕事でのヒントを得られるかもしれません。

 

こうした機械、器具のレパートリーの多さがオーストリア林業の強さの一つでしょう。

 

最近の日本の林業はと言うと間伐のための伐採、造材、集材のイメージが強いですが、オーストリアでは皆伐後に植栽して保育も常時行われています。そのための苗、育苗用容器、植栽器具、獣害対策用品を紹介しているコーナーもあります。

 

木材でのバイオマス発電とその熱利用が盛んなオーストリア。バイオマス発電用のチッパーとその関連機械と器具も昨今は展示が多くなっています。

 

それ以外には作業に使うクサビ、チョーカー、ナタ、斧、チェーンソー、簡易な製材機、GPSやGISの器具や用品、林業機械の技術を習得するためのシュミレーターなどなどが所狭しと各ブース、テントに展示されており、時間を忘れて見入ったり、触ったり、話を聞いているとあっという間に一日が経ってしまいます。

 

弊社ではこのオーストリア林業機械実演会Austorfoma2019 を視察する研修を企画いたしました。じっくりゆっくり時間をかけて見ていただけるように2日間時間を設けました。初日には厳選した数社で専属通訳付きで担当者からお話を聞いていただきながら会場を回るように計画しています。「実演会に2日もねぇ。」と言う方のためにはオプションで隣国ハンガリーのショプロンへの視察もご用意しております。陸地での国境を渡る経験をしていただけます。(ガイドは付きませんので、ご自身での視察となります。)

 

他にも大都市の里山ウィーンの森、現在世界一の木造高層建築物HoHo Wien、エネルギー自給自足を目指す町Bruck  an der Leithaの発電施設エネルギーパークと今が旬のオーストリアの森林林業木材産業関連施設を視察する予定です。(視察先は先方の都合により変更となる場合がございます。)

詳しくは下記をご覧下さい。

期 間 : 2019年10月7日㈪~11日㈮

参加費用: 276,000円(日本・オーストリア間の航空代金は含まず)

集合場所: 10月7日 19:00ウィーン国際空港

解散場所: 10月11日 15:45ウィーン国際空港

スライド1 スライド2

PDFファイル ダウンロード http://sanyo-trade.com/files/austrofoma2019.pdf

 

 

お申し込み・お問い合わせ先

山陽商事株式会社 フォレスト・デザイン事業部

℡ 0868-26-1036 平日8:10-17:00

担当 前田